剣道大会

剣道の国内外の大きな大会について

剣道は日本国内だけでのスポーツと思われがちですが、近年海外でも人気を集めています。その証拠に、日本国内だけではなく、剣道の世界大会も開催されています。ここでは有名な剣道の大会を紹介します。

全日本剣道選手権大会

全日本剣道選手権大会は、全日本剣道連盟が主催している日本一の男子選手を決める大会です。日本国内で行われる大会の中では、最も栄誉ある剣道大会とされており、優勝者には天皇盃が授与されます。全日本剣道選手権大会は1982年から始まり、毎年11月3日に開催されています。

この大会はトーナメント方式で行われ、各都道府県の剣道連盟が実施する予選で勝ち抜いた選手のみが本選の全国大会に出場することができます。

また、出場資格は満20歳以上に限られています。

剣道の基本ルール

世界剣道選手権大会

世界剣道選手権大会は、国際剣道連盟が主催しています。世界剣道選手権大会は1970年から年に度のみ開催されていて、アジア、アメリカ、ヨーロッパなど開催都市は年によって変わります。

世界剣道選手権大会が誕生した当時の参加国の数はわずか17ヶ国か国でしたが、近年では40ヶ国程度まで増えています。

剣道においては日本の実力が断トツで高く、2003年までは男女ともに団体・個人で日本人が優勝してきました。近年では韓国やアメリカの実力も目立ってきましたが、国際舞台はまだまだ日本の実力が群を抜いています。

Write a Comment